脂質、糖質どっちが太りやすいと思いますか。
実は糖質なのです。

 

ダイエット

 

炭水化物はブドウ糖という形に変換されます。

 

皆様、仕事の時何かぼーっとしてしまう、
甘いものが欲しいという事はないでしょうか。

 

脳がガソリンのブドウ糖を欲しいと思う状態です。
また、空腹も同じ原理です。

そこで食べてしまうと
使わない糖質が脂肪に変身します。

 

血糖値はインスリンという
膵臓から出る成分が調整しますが、

あまりに沢山炭水化物が増えてしますと
キャパシティ越えで脂肪にしてしまうのです。

 

血糖値は急にあがってしまいますと急に落ちます。

そのため、糖質をいかに減らしつつ、
血糖値も下げないかが短期間で痩せる方法の鍵です。

 

美味しいと思うものをあげてみてください。

ご飯、麺類、お菓子、清涼飲料水等は糖質が多い。
人間は胎児の時から
甘いものを好むと心理学の実験で立証されています。

 

全部糖質が多いものは駄目と言うのも
辛いので簡単な方法をお教えしましょう。

 

食事

一汁三菜を基本に
懐石のように少しずつ盛っておく
もともと懐石は温石といって、
断食中の空腹を抑えるための
対処が変化したものです。

 

ごはんにはヒジキやこんにゃく、キノコなど
低カロリーで腹もちが良いものを混ぜておきましょう。

 

また、血糖値は時間を置いて
少量ずつブドウ糖をとっていくことで、安定します。

デトックス効果の高いハーブティーや
台湾茶を飲みつつ、

薬局で買ったブドウ糖をかじっていくのが
太った時の対応法のひとつです。

 

現実にお茶と黒砂糖を
かじる習慣がある国も多いです。

お茶は脂肪分や水分の排出も
助けてくれるのでお勧めです。

グリーンスムージーなどで栄養をとりながら
空腹を防ぎ、デトックスするのもおすすめです。

 

短期間で健康的に痩せられますので挑戦してみるのもよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

1ヵ月で痩せたい、ダイエットしたいという事は
短期間で痩せる方法にはいいものです。
ウエスト

 

ひと月は4週間あるのが普通ですよね。
その週の区切りに

目標を立てていけるのでいいのです。

 

 

まずは昨日の1日の行動を思い出してください。

ずーっと寝ていたとか、
コンビニでお菓子買ってしまった、
面倒で車で移動とか、

そういう事が積もっていきますと、
太りやすい体質になっていきます。

 

本当は3日ほど行動表をつけておくといいです。

 

人間には基礎代謝といって普通にしていても、
消費しているカロリーがあります。

運動しているのに太ってしまう方は
基礎代謝より多くものを食べていることが多いです。

逆にいいますと食べていないのに
太ってしまう方は筋力が無くて
基礎代謝が落ちてしまう故とも言えます。

 

短時間で痩せる方法のポイントは
ただ体重を減らすのではなく、
体の自然の状態に戻すということです。

月経が止まってしまうような
ダイエットは拒食症の始まりです。

 

 

最初の週は基礎代謝を上げる努力を!

 

体重を量る女性そのため、最初の週は
基礎代謝をあげていく努力をしましょう。

 

でも、どうしたらいいか分からない方もいますよね。
丈夫な鞄はありますか。

 

その中に本を入れて左右交互に持ちます。
筆者はざっと2,3キロから6キロです。

この重さを持ち上げるのには
二の腕、体幹、腰、足全部ないと
長期間はもちません。

 

もともと筋肉量が高い人には向かないのですが、
忙しい方にはいい方法です。

 

また、何かと動く。
お茶くみや掃除やと言うことも早めに出てしてしまう。
そういう風に身体を動かすようにして
食事制限に入った方がプロポーションも保てます。